革小物ができるまで。〜③裁断〜 ブランドロゴ刻印

こんにちは、制作担当の万作です。 前回は裁断についての記事を書きましたので、今回は各パーツ取りの後にする工程の一つである、

「ブランドロゴ刻印」についてお話しをしたいと思います。

 

《過去ブログはこちら》

製作工程紹介 ①打ち合わせ編 はこちら
革小物ができるまで。〜①打ち合わせ〜

製作工程紹介 ②型紙作り編 はこちら
革小物ができるまで。〜②型紙作り〜

製作工程紹介 ③裁断編 はこちら
革小物ができるまで。〜③裁断〜

 

ブランドロゴは、ハレルヤ商品に限らず、オリジナル製品には、それぞれ刻印されています。

ブランドロゴには、創始者の想いが詰まっているものです。

だからこそ、僕も心を込めて一つずつ手作業で、丁寧に刻印をするよう心がけています。

 

ちなみに、ブランドロゴの刻印については、真鍮等の素材で製作された、版(はん)を使います。

版とは、判子のようなものと思っていただいて大丈夫です。(下写真左:版)

刻印する際、革の表面をオイル等で少し水分を与えてから、版を革の上に置いて、ハンドプレス機で、圧をかけて刻印をしています。

 

僕がロゴの刻印を入れるときに注意していることは、 革の種類や部位、厚みによって、硬さや強度が全く違うので、

・プレスする際の力を微妙に調整。

・刻印する場所を考慮して、裁断する。

この2点に、気を遣いながら製作しています。

 

これからも心を込めて一つ一つ丁寧に刻印を続けて行きたいと思います。

最新情報をチェックしよう!