【特集】母の日はいつから始まった?花を贈る由来と豆知識。

こんにちは。制作の山崎です。

皆さんは「母の日」の日にちや、花を贈る由来など知っていますか?

僕は毎年直前になってプレゼントを用意したり、日にちがはっきりと分かっていなかったので、今回は「母の日」について由来や日にちを調べてみたのでご紹介したいと思います。

簡単にまとめていますが皆さんの参考になれば幸いです。

 

毎年5月の第2日曜日。意外と知らない母の日のお話。

母の日はいつから始まった?

 

その起源はアメリカにあり、南北戦争中にアン・ジャービスという女性が敵味方問わずに負傷兵の衛生状態を改善するための取り組みを「母の日の仕事」と称して地域の女性を結束させました。

南北戦争終結後の1870年頃に女性政治活動家のジュリア・ウォード・ハウがアンの取り組みにヒントをえて、戦場への人員派遣を拒否しようとする運動「母の日宣言」を開始しましたが普及することはありませんでした。

ジャービスの死後、1907年の5月12日に娘であるアンナ・ジャービスが母アンが教師をしていた教会で亡き母を偲んで白いカーネーションを贈りました。その思いに共感した人々が同教会で1908年の5月10日「母の日」を祝う集会を開きました。そこでアンナが参加者全員に母親が好きであった白いカーネーションを渡したことがきっかけで「母の日」のシンボルになり、その後の呼びかけでついに、1914年にアメリカで記念日となりました。

 

日本での母の日

アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが届き、1913年に母の日礼拝が行われました。

当時青山学院にいた宣教師たちの働きで、日本にも母の日が広まっていくきっかけになりました。

1937年に森永が豊島園で開催した「森永母の日大会」などで定着しだし、1949年頃からアメリカに倣って5月の第2日曜を母の日としました。

 

カーネーションを贈るなら

母の日といえばカーネーションが一般的ですが、白のカーネーションはアンナ・ジャービスが亡き母に贈ったものなので健在な方への贈り物としては避けるようにしましょう。赤やオレンジや珍しい青などもあり、それぞれに花言葉も違うようです。

贈る前に一度調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

さいごに

2018年の母の日は5月13日。

母の日にはお花やギフトを贈ったり、一緒に過ごしたりと感謝を伝える日にしてみてはいかがでしょうか。

ハレルヤでは母の日特集を近日公開予定ですので、そちらもぜひご覧ください。

トップページからやブログからもお知らせさせていただきます。

 

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!