日本を代表する国産革 栃木レザーの魅力。 – JAPAN FACTORY

こんにちは。制作スタッフの保井です。
革に少し詳しい方であれば、栃木レザーを知らない人はいないのではないでしょうか。

日本のみならず、世界でも評価の高い栃木レザーの魅力を簡単ではありますが、お伝えしたいと思います。

国産ブランド「JAPAN FACTORY」でも使用している栃木レザー。
現在は、財布やバッグ、キーケースなどに使用しております。

ちなみに、前回はブエブロレザーについてご説明しましたので、もしブエブロレザーが気になる方は、
こちらからご覧いただけますと幸いです。

姫路産馬革 ブエブロレザーの魅力。 – JAPAN FACTORY
http://hallelujah.jp/blog/yasu12

 

栃木レザーについて

それでは本題に入っていきますが、
栃木レザーは、栃木レザー株式会社が製造する革のことです。

その名の通り、栃木県に会社があり、昭和1937年から続く、
皮革製造メーカーで製造されています。

栃木レザー株式会社
http://www.tochigi-leather.co.jp/

 

牛ヌメ革 (ベジタブルタンニン鞣し革)を専門に製造しており、
日本一の品質を誇ります。

日本一と言われる所以は、
しなやかで丈夫(堅牢)であり、さらに年月が経つにつれて、
味わい深く変化していくところが評価されているのではないでしょうか。
今や、日本のみならず世界中で評価されています。

 

 

栃木レザーの魅力

長く使える。高品質

栃木レザーは、「原皮」から、「革」になるまで、20以上もの工程があります。
手間と時間をかけ、伝統の独自の鞣し方法で、丈夫な革を生み出しています。

 

※参考
・ベジタブルタンニン鞣し
 植物性のタンニンを使用する鞣し方。
 硬くて丈夫。さらに型崩れしにくいのが特徴。
 日光や油分などに影響しやすいため、定期的なメンテナンスをしてあげる必要がある。
 ただ、エイジングにより変化していく特徴がある。

・クロムタンニン鞣し
 クロムという化学薬品を使う鞣し方。
 短時間で製造できるのが魅力。
 ベジタブルタンニン鞣しの革と比べ、エイジングが少ないが、
 防水、耐熱などに優れており、メンテナンスをしなくても耐久性がある。

 

何といってもエイジング(経年変化)

これは説明するより、以下の写真を見ていただいた方が早いかと思います。

こちらが、まだ使用していない新品の栃木レザートートバッグ Camel。

 

そして、こちらが、約2年間毎日使用した栃木レザートートバッグ Camel。

 

比べるとこんな感じです。

革製品の最大の魅力は、エイジングと言いますが、栃木レザーは期待以上のエイジングをしてくれるので、毎日使っても飽きが来ません。 もっともっと使っていきたいと感じれると思います。

 

今回紹介した商品:栃木レザートートバッグ 4カラー

 

日本の誇り Made in Japan

世界を見れば、優れた革はどこにでもあるかと思います。
ただ、“日本の職人たち(タンナー)が製造したもの”ということに
大きな意味があり、最大の魅力ではないでしょうか。

 

栃木レザーは、調べれば情報が溢れているので、今回は簡単にお伝えしました。

日本の職人たちの、Made in Japanの誇りとプライドを守りながら、
これからも、国産ブランド「JAPAN FACTORY」では、革製品を製作販売していきたいと思います。