【販売スタッフ 使用レビュー】ミニ財布の「使い心地」と「エイジング」- ミニマリストにおすすめ

こんにちは。 販売スタッフの保井です。

 

現在、僕が愛用している「オールレザーミニ財布」

2016年8月に販売を開始したオールレザーミニ財布ですが、

使い心地と革の経年変化(エイジング)の確認も兼ね、

使用していましたが、あっという間に約2年という月日が経ちました。

今回は、「オールレザーミニ財布」を、実際使用してみての

素直な 「使い心地」と「革のエイジング」を

ご紹介させていただきます。

 

ミニ財布の主な仕様

 

 

・カード収納:3枚

・お札入れ仕分け可

・小銭入れ仕分け可

 

カードポケットが特徴的で、お札入れにスリットが入っており、

縦に収納します。

 

サイズは、手のひらサイズとかなりコンパクトで、

男性の私はもちろん、女性でも持ちやすいのが特徴です。

 

私のミニ財布の使い方

私は仕事もプライベートも基本的に、鞄は一つなので、

そこにメインで使う長財布とサブとして使用している

ミニ財布を入れてます。

 

正直、メインとサブの使いわけは曖昧なのですが、

普段あまり使用しない免許証や保険証、その他カード類、

1万円札などは、メインの長財布に入れ、 ミニ財布には、

コンビニやランチに行く際に、パッと出せるよう ポイントカードや

クレジットカード、5千円以下のお札を入れています。

 

また、子供と近くの公園に行くときやコンビニに行くときなど、

目的がはっきりしているときは、メインの長財布は持たず、

ミニ財布のみをズボンのポケットに入れ、

お出かけすることも多々あります。

 

最小限の機能性と、持ちやすさも意識された財布

楽天市場やYahoo!ショッピングなどで、「ミニ財布」と検索してみると、

色々な特徴のあるお財布が見つかると思います。

 

例えば、薄いお財布だったり、コインケースにカードを無造作に

入れるような仕様だったり、 小銭入れがなかったり・・・。

 

このミニ財布に関しては、

「最小限の機能性と、持ちやすさも意識された財布」

といった感じです。

 

収納力は劣るものの、サイズ感にこだわり、

最小限の機能は兼ね備えたお財布です。

 

限りなく小さいサイズなので、収納力はどうしても劣ります。

一般的なコンパクトなお財布のように、

収納スペースがあるからと多く収納しようとしても

外側のボタンが閉まり切らず、入らないことがあるので、

多く収納したいという方にはおすすめできません。

 

私自身が使用し、

ミニ財布はミニ財布なりのベストな使い方があることが

改めて実感できたので、参考程度にここから先を

ご覧いただけますと幸いです。

 

最小限の機能性 -ミニマムな生き方

このミニ財布は、できる限り、手持ちを少なくしたい。

無駄なものは収納したくない方に、特にオススメします。

 

なんでもかんでも収納するのではなく、

収納する3枚のカードを厳選する。

お札を多く収納するのではなく、5枚以内に抑えて、

無駄にお金は使わない。

いざ必要になれば、クレジットカードで補う・・・。

 

私は、当初、ミニ財布に免許証や保険証を入れていた時期が

ありましたが、滅多に使わないことに改めて気づき、

ポイントカードとクレジットカードに入れ替えました。

カードが3枚しか収納できないので、制限され、

自分で選ぶ必要があります。

 

お金に関しても、普段の生活の中で、クレジットカードや電子マネーで、

事足りることが多いので、 ミニ財布にはそこまで入れていません。

というより入れすぎると入り切らなくなるので、これもカード同様、

最低限のみを入れるように考えながら入れています。

 

そんな風に、自分をコントロールしながら、手持ちを少なく、

コンパクトにまとめることができます。

 

余談ですが、最近、ライフスタイルやファッションで、

「ミニマリスト」という言葉が使われることがあります。

 

ミニマリストとは。 持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。 自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、 大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。※引用※ コトバンク

 

私は「ミニマリスト」というわけではありませんが、

このミニ財布は、「ミニマムな生き方」をされている方、

または目指している方に特におすすめできるな。と感じました。

 

持ちやすい。薄すぎない。

機能性以外に感じたこと。 それは、薄すぎない方が持ちやすい。

ミニ財布の厚みは、2.5cmと、決して薄くはありません。

 

これは、人によって様々な意見があると思いますが、

私自身、薄すぎる(さらに小さい)とポケットに収納していても

気づかなかったり、 手で持ったとき、手のひらにフィットしないと、

かえって落ち着かないので、 普段使いのお財布ならこれぐらいの厚みは

ちょうどいいかもしれません。

 

普段のスーツを着用されることが多い方は、

胸ポケットに入れる場合もあるので、

薄い財布がいいかもしれないですね。

 

革のエイジング

革小物は、新品時は100%完成ではなく、

使用してエイジングを起こしながら、完成品と育てていくもの。

新品と見比べると、革の変化は一目瞭然。

 

カラー:ブラウン

 

▼おもて面

 

<新品の状態>

 

<現在>

 

▼うら面

 

<新品の状態>

 

<現在>

色は、深みを増し、マットな質感は光沢のあるツルツルした質感に。

当初、カードの出し入れ等、やや使いにくかった使用感が、

自分にあった使い心地に。

 

革は、育てる楽しみがありますね。

 

 

 

以上となります。

 

私は、この世に万人受けするお財布は存在しないと思います。

機能面を重視すると、大きくなったり、 デザインを重視すると、

収納力が物足りなかったり。

素材にこだわると、使いづらくなってしまったり・・・。

 

このミニ財布の最大の魅力は、

・カードとお札とコインをそれぞれ仕分けができる機能性。

・持ちやすい手頃なサイズ感。

 

私は、このお財布を2年あまり使用してみて、

無駄なものは収納しない(できない)デザインにとても満足しています。

 

「最小限の機能性を持った、限りなく小さいミニ財布」 の

レビューでした。ご参考になれば幸いです。

 

 

・今回紹介した商品

ミニレザーウォレット 本革ミニ財布 三つ折りコンパクト【名入れ可】