毎日使うだけでOK!メンテナンス(お手入れ)不要でもエイジング(経年変化)が気軽に楽しめるプルアップレザー革財布

本革財布でエイジング(経年変化)を楽しむためには、メンテナンス(お手入れ)が必ず必要とお考えではないでしょうか?

実は、革がオイルを多く含んでいれば、ほぼメンテナンス不要で毎日使用するだけでエイジングを楽しむことができます。

今回は、お手入れ不要でエイジングが楽しめる革財布の特徴をご紹介します。

メンテナンスが必要な革製品とはどのようなもの?

革製品の中でも、カバンはメンテナンスが必要です。

カバンのハンドル部分はお手入れをしなくても経年変化が見られます。ハンドルを持って使用していくうちに手の油が革に移動していき、カバンのパーツの中でも一番早くエイジングしていことが多いです。

経年変化したカバンのハンドル

一方で、カバンのボディ部分は手で触れることが少ないので、手入れが必要となります。手入れをしないと、油分が無くなっていき、ダメージを受けやすくなります。

特にカバンの端には、スレが発生しやすいので、定期的にクリームでメンテナンスをして油分補給することが重要です。

カバン底面のスレ

つまり、使っているうちに油分がなくなっていく革製品にはお手入れが必要です。ケアをすることで綺麗に長く使うことができます。

お財布にエイジングのためのメンテナンスは必要か?

カバンとお財布を使う時の違いは、面積の大部分を毎日手で触れるか触れないかです。

お財布は、使用するたびに手で触れるので、手の油が移りクリームで油分補給するメンテナンスが基本的には不要となります。

先ほど例にあげたカバンのハンドル同様に、クリームを塗らなくても毎日使うことで手の油分が浸透して艶が出てきてエイジング していくのです。

もし、エイジングを早めたい方はクリームでのケアをお勧めしますが、手間をかけずにエイジングを気軽に楽しみたい方は特にメンテナンスをしなくても大丈夫です。

ノーメンテナンスでもエイジングしやすい本革財布の特徴は?

「多くの油分を含んでいる」

メンテナンスをしなくてもエイジングしやすい革の特徴は、「多くの油分を含んでいる」オイルドレザーであることです。オイルを多く含んでいることで、乾燥しにくく、時間がたってもひび割れしにくいので、経年変化した革独特の艶や質感を楽しむことができます。

プルアップレザー は経年変化しやすい

オイルドレザーのひとつである「プルアップレザー」は油分をたっぷりと含んでいます。革を鞣す際に、オイルをたっぷり含ませた革で、含んだオイルが移動することで色合いに変化が出る革です。プル(Pull)とアップ(Up)と、触り方によって内部のオイルが移動します。それによりエイジングしやすい革に仕上がっています。

下記でご紹介するのは、Hallelujahの人気商品のプルアップレザー を使用したお財布です。

ラウンド長財布 キャメル (左)新品 (右)24ヶ月使用

▶︎ラウンド長財布 商品詳細はこちら

SMARTY ネイビー (左)新品 (右)12ヶ月使用

▶︎SMARTY 商品詳細はこちら

ヌメ革のように自分で育てていく革にはオイルが少ないですが、プルアップレザーであれば、もともとオイルを多く含みさらに毎日手で触るので油を塗り込む必要はありません。

ただ毎日使用するだけで、エイジングしていきます。これならば、革に馴染みがない方、お手入れ用品を持っていない方、ケアする時間が取れない方でも、お気楽に本革財布を楽しんでいただけます。

メンテナンス(お手入れ)不要でもエイジング(経年変化)が気軽に楽しめるの革財布の特徴。まとめ

メンテナンスせずにエイジングを楽しめる革財布を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

お手入れをせずに経年変化を楽しめるプルアップレザーのお財布で、革財布はケアをしなきゃいけないと気負いせず、毎日使うだけの気軽なエイジング方法で自分だけのお財布に育ててみてください。

最新情報をチェックしよう!




Follow My Account
セール情報や新作案内などお得な配信を受け取れます