【革のきほん】家庭でも出来る!ファスナーが硬くなった時の応急処置

こんにちは。制作の山崎です。

前回革製品を水から守る対処法を紹介しました。

今回は、財布や鞄などのファスナーの滑りが悪くなってしまった時の応急処置についてです。

(前回の記事はこちら→「雨の日予防、水から革を守る。」

金属製の金具は毎日使っていれば手の油分でコーティングされ、あまり硬くなるということは無いのですが、
しばらく使っていなかったり、汚れが溜まってしまって硬くなったりすることがあります。

1.ファスナーが硬くて、引っかかる!そんな時には。

ファスナーが固い時の対処法

お財布を使う際にファスナーがうまく開かない。
使うのが億劫になってしまいますよね。

基本的には販売店や修理専門店にお持ちいただくのがベストですが、

「少しの引っかかりが気になる程度で修理に出すのはちょっと、、、」
「お財布自体が古く、もし手軽に改善出来るなら直したい、、、」

そんな時には是非試して欲しい方法です。

2.ロウソクが潤滑剤代わりに

家庭で出来るファスナー修理

使用するのはどこにでもあるロウソク。だけです。

まずはファスナーに付いている汚れやホコリをブラッシングして取り除きます。
ご家庭では歯ブラシ等を使っていただいても大丈夫です。

財布のメンテナンス

全体に薄く、優しく滑らすような感じでロウを塗っていきます。
(この時強くガリガリやるとロウが削れて粉が出てくるので注意して下さい) 

家庭で出来るファスナー修理

引っかかりがひどい場合はファスナーを開けて、裏側からも同じように塗って下さい。
塗った部分をさらに手で伸ばしてあげるような感じでファスナーに馴染ませていきます。

家庭で出来るファスナー修理

あとはファスナー全体にしっかりと馴染むように、何度か開け閉めを繰り返して下さい。

10回程度開閉を繰り返しても引っかかりが残る箇所は、もう一度ロウを塗り、再度開閉を繰り返して下さい。

また、この方法では固形のロウを塗布しているので少し時間を置いて馴染ませるというのも有効です。

ファスナーのメンテナンス

作業はこれだけです。

ロウソクはコンビニなどでも簡単に手に入るので、手軽な方法ではないでしょうか。

3.金属の劣化等で治らない時は

だいたいはこの方法で改善されますが、金属の劣化等による引っかかりの場合は
KURE 5-56のペンタイプという便利なものもあります。

kure556
→KURE 5-56 シリーズ ペンタイプ

金属等の潤滑剤の専門店で、スプレータイプが有名ですが、
スプレータイプだと細かい部分への塗布が難しく、
液だれで本体を汚してしまう恐れもあるので、ご自身で治したいという方はこちらのペンタイプをオススメします。

今回紹介した方法は専門的な方法ではなく、ご家庭でも出来る応急処置ですので、
やはり不安な場合は固い状態で無理に使用せずに販売店や、修理専門店にお願いすることをオススメします。

それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。